RPA利用者のためのPHPのすすめ

プログラム言語は何を学んだらいいでしょう?
色々なものを勧められるのでどれがいいかよく分からなかったりもするのですが、今回はその中でも、もしかすると自動化のためのRPAを使う人にとっては知ってた方が良いと思ったPHPに関していろいろ紹介したいと思います。

サーバーサイドで動く言語

PHPは、自分のパソコン上で動作するのではなく、ネット越しのサーバーコンピューター上で動くプログラムです。
自分のコンピューターには結果の画面だけ表示します。
様々な操作を伴うプログラムは、人間としては表示画面がすべてなので表示さえしてくれれば良いのです。
表示するコンピューターは、どんなへっぽこなものでも表示されしてくれればいいので、それほど性能の高いコンピューターである必要はありません。
このようなサーバーコンピューター上で動くプログラムのことをサーバーサイドのプログラムといいます。
サーバーサイドのプログラムのPHPは、主にWebページを作成するのに使われているので、WordPressなどのWebページを構築する仕組みに使われています。

PHPは難しいのか

ものすごく乱暴な言い方になるのですが、PHPは簡単な方のプログラム言語です。
どの言語でも同じなのですが、やりたいことをプログラム言語のルールに則って書いていくことによってプログラムは成立します。PHPはその中でも言語化するのがとても簡単だと言えます。
プログラムのルールはあるのですが、そのルールに従わなくてもある程度動作してしまいます。それがいいか悪いかは別にして、「すぐに成果が見れる」という意味では初心者向けだと思います。

PHPを始めるには

PHPを始めるにはサーバーのコンピューターを用意しなければなりません。というと難しく感じるのですが、これは世の中にたくさんあるレンタルサーバーを借りればいいということになります。
レンタルサーバーの中でもPHPが動作するレンタルサーバーでなければなりません。
レンタルサーバーは料金がかかるのですが、中にはPHPが動作するもので無料のものもありますので探してみましょう。
プログラムをするコンピューターも必要になります。
これはどんなコンピューターでも構いません。なんならスマホでも大丈夫です。
テキストエディターが入っていればOKです。
もう一つだけ入ってて欲しいアプリがあるのですが、作成したプログラムファイルをサーバーコンピューターに送るFTPソフトが必要です。FTPソフトをインストールしたら、レンタルしたサーバーのFTPのサーバー名アカウント名パスワードを設定します。この情報はレンタルした時にレンタルサーバー側から知らされます。
これで準備が整いました。

なぜRPA利用者がPHPに向いているのか

今回、記事のタイトルとして「RPA使用者に向けたPHPのすすめ」ということで記事を書いていますが、なぜRPA使用者にPHPをすすめているのかというお話をします。
RPAはいろいろなケースはありますが、ブラウザを通して他のアプリケーションを操作することが多いです。
ブラウザが表示できるものといえばWebページなんですが、先ほど言った通りPHPはウェブページを作るのが得意なので、PHPでRPAから操作する独自のアプリケーションを作ることができます。
RPAからブラウザを通しで操作できるものを作るためには、HTMLタグの設定が必須なのですがHTMLタグの勉強もPHPに合わせできてしまいます。ということは、Webページ作成のテクニックが勉強の中にすべて盛り込まれるのでそういう意味でもPHPはおすすめなのです

サトウヨシヒロ

Excelを中心としたMicrosoft Officeの魔法使い。
仙台市在住のフリーランスのパソコンインストラクターです。
1969年1月生まれ。
Excelを黎明期から30年近く使っています。Wordも使えます。
出版社様と一緒にExcelの情報発信もしています。
最近は羊に夢中です。
2019年はRPAと業務効率化を勉強しています。

Twitterでも業務で使える便利なOffice技をめっちゃつぶやくツイッタラーです。@yosatonet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。