サトウヨシヒロ

RPA

UIのはなし

Power Automate Desktopでは、データを入力する場所やデータを読み出す場所を指定します。 単純に文字が入力されているものだけではなく、選択肢やボタンといった形になっている場合もあります。 これは主にWebページで扱われ...
RPA

Power Automate Desktopでの変数とその計算

Power Automate Desktopで何かのアクションをするとほとんどの場合その結果が変数に入ります。何かをした結果の続きはその変数を指定して行うことになります。 しかし、あまりその変数の使い方の情報がないので今回はそのお話をし...
作業効率化

テクノロジーがハラスメントの道具になってはいけないのです

また新たなハラスメントが誕生したようです。 IT知識の高い人が不遜な態度を取ったり、意図的に専門用語で話し続けたりするテクハラ(テクノロジー・ハラスメント)。デジタルネーティブ世代の新入社員でも加害者となるリスクがあります。 ...
Excel

実はデリケートなExcelの勉強法

昔、私がExcelを使い始めたころは、Excelの教科書が一切なくて、勉強する機会も今ほど手軽に受講できるものもなく、あるのはExcelに付属してきた分厚い機能マニュアルと関数マニュアル、あとはマクロを作るためのマニュアルだけでした。 ...
ビジネス文書

何を使って作るのか

例えば、目の前にFAXで送られてきた手書きの資料、または文書の下書きがあります。 これを見た時に、Excelを立ち上げるのか、Wordを立ち上げるのか、はたまた他のもので一時的に処理し、そのあとWordやExcelで処理するのか、という...
作業効率化

一人一台のパソコン

企業では、デスクワークのスタッフに対して一人一台以上のパソコンが与えられているケースが多くなっています。 その状況を改めて考えてみると、なぜそうなっているのか、わかっていないような気がします。たくさんの理由があると思うのですが、そうなっ...
Excel

パソコンで探し物をするときの基本ANDとOR

初心者向けのExcelの情報でも、ここは「なおかつで」とか「または」でとか、解説されています。 日本語として捉えることはできるのですが、それを実践で役に立てるようにするには、もうちょっと具体的に理解しておく必要があるのでそんなお話をしま...
Excel

台本フォーマットはExcelが向いていたってお話

文書とはあらゆる文章で構成されるもの全般を指していて、ものすごく種類が多いです。それに対して、Wordは文書を作成するものなので、一番効率よく文書を作れるのはExcelではなく、Wordなはずなのです。 でも次のような台本フォーマッ...
Word

ビジネス文章の構成の極意

読みやすいビジネス文書と読みにくいビジネス文書があって、読みやすいビジネス文書は言いたいことがすぐに伝わるような形になっています。そのようなビジネス文書の作る時の意識した方がいいことをお話しします。 というか報告メールの書き方に通じます...
Word

縦書き文書の極意

昔のワープロ専用機の時代は縦書き文書も簡単にレイアウトすることができました。ところがWord全盛のこの時代、横書きフォーマットがビジネス文書のスタンダードになったことから縦書きのテクニックが失われているような気がします。 それ...
タイトルとURLをコピーしました