RPA

RPAについて

RPA

UIのはなし

Power Automate Desktopでは、データを入力する場所やデータを読み出す場所を指定します。 単純に文字が入力されているものだけではなく、選択肢やボタンといった形になっている場合もあります。 これは主にWebページで扱われ...
RPA

Power Automate Desktopでの変数とその計算

Power Automate Desktopで何かのアクションをするとほとんどの場合その結果が変数に入ります。何かをした結果の続きはその変数を指定して行うことになります。 しかし、あまりその変数の使い方の情報がないので今回はそのお話をし...
RPA

Webページのセレクタ

Power Automate Desktopでは、Webページを操作したり、値を取得したりできますが、そのためにはその場所をUI要素として取り込みます。 クリック操作だけで簡単にUI要素は設定できるのですが、それだとそのページ...
Excel

パソコンは自分の好きなように使ってこそ力を発揮する

パソコンはパーソナルコンピュータの略です。私は自分が自分のためだけに使うものがパソコンだと思っています。 もちろん自分の使い方で使っていいので、犯罪以外なにをやっても自由です。 しかし、世の中には禁止と指導している現場や情報が溢れていま...
RPA

HTMLとは?Webサイトの構造

Webサイトはある一定の文書構造をしています。 全体がHTMLという構造の中にあり、その中で表示されないけど基本情報が記述されているヘッダー領域、実際に表示されるBODY領域、BODY領域の中でも、大見出しの文字列、本文の文字列といったよう...
RPA

Power Automate Desktopが扱いやすいパターンをとらえる

またPower Automate Desktop(PAD)関連の記事です。自動化として考えるとそうとう面白くて、まだまだ可能性が広がりそうな感じもしています。 そんな中で、今日、Power Automate DesktopでO...
RPA

Power Automate Desktopを使う時に便利な起動オプション

Microsoft Officeのうち、Power Automate Desktop(PAD)で簡単に操作できるようになっているのは、ExcelとOutlookのみです。それ以外のWordやAccess、PowerPointに関してはあ...
RPA

Power Automate Desktopのエラー回避

Power Automate Desktop(PAD)はWindowsの動作を自動化できますが、設定した通りいつも完璧に動くかどうかはわらないということをここ何回かの記事で書いてきました。 Excelに対するVBAはExcelの機能の一...
RPA

Power Automate Desktopの勘所

パソコンの使い方を教えるのによく「勘所」という言葉が使われるのですが、あまり私自身は好きではないのですが、パソコン全体を自動化することを考えていくと、まさに「勘所」と呼ぶべき、表現が難しいテクニックやスキルが存在しているようにも思え...
RPA

Power Automate Desktopを使う前に知っておくこと

Power Automate Desktopは、RPAと呼ばれる自動化ソフトの一種で、Windowsの動きを自動化してくれるのでVBAでの自動化のようにExcelだけの自動化に限らず、WebやWindowsのファイルやフォルダ管理、...
タイトルとURLをコピーしました