WindowsInkワークスペースでらくらくスクショ

Windows10には、WindowsInkワークスペース機能が搭載され、デスクトップの画面をスクリーンショットし、そのままSNSへ投稿できる機能があります。
コンピュータハックをTwitterなどで広めている方、この機能をどんどん使って世の中を便利にしていきましょう。

WindowsInkワークスペースの設定

WindowsInkワークスペースは、Windows画面下のタスクバーの何もないところを右クリックし、WindowsInkワークスペースをクリックすれば使えるようになります。
イメージ 1
WindowsInkワークスペースのアイコンがタスクバーに表示されます。
イメージ 2

画面スケッチ

このアイコンをクリックすると、上にいろいろ出てきますが、画面スケッチを選択すれば、画面がスクリーンショットできます。
イメージ 3

追記

鉛筆や蛍光ペンで追記できます。
イメージ 4

トリミング

トリミングができます。
イメージ 5
トリミングされた箇所以外が暗い表示になります。
イメージ 6

トリミングの範囲を決定したら✔で確定します。

投稿

ツイッターやSkypeに投稿ができます。
イメージ 7
サトウヨシヒロ

Excelを中心としたMicrosoft Officeの魔法使い。
仙台市在住のフリーランスのパソコンインストラクターです。
1969年1月生まれ。
Excelを黎明期から30年近く使っています。Wordも使えます。
出版社様と一緒にExcelの情報発信もしています。
最近は羊に夢中です。
2019年はRPAと業務効率化を勉強しています。

Twitterでも業務で使える便利なOffice技をめっちゃつぶやくツイッタラーです。@yosatonet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。