Excel 方眼紙をセル結合で作る人は悪いのか

Excelの事をお話しているとよく話題にあがるエクセル方眼紙。エクセルの列幅を全て2くらいの幅にして、セルを結合しながら表を作成するというやり方ですね。

Excelに詳しい人からは、セル結合はダメとよく言われています。その結果、Excelユーザーのある程度上の方の人の中ではセル結合は使わないのが常識のようにも言われています。

確かにセル結合したらそのセルがセルA1でありながらセルA2でもあるし、クリックしたら1つしか選ばれないのに1個のセルではなく、セル範囲を表している範囲だとExcelが認識したり、特に並べ替えやフィルターをかける時は絶対的に邪魔になったりするものになります。

Excelの表にはいくつか種類があって、いわゆる一覧表と言われる形のものに関してはセル結合をすべきではないとは私も考えています。並べ替えをしなくても、できる状態になっているものは、すべてセル結合は悪だと思っています。

でもそれ以外の表の形になってすらいないようなものはセル結合しても見やすくなるのであればいいのではないかと思っています。表の形にすらなっていないようなものをExcelで使うかどうかはまた議論の余地がありますが。

私の心の中で、セル結合が100%いけないと思っていた時期もありますし、100%どんな状態でも使ってもいいと思っていた時期もあります。それを何千回も繰り返して、私自身は今の答えに至っています。

そのような揺れ動く心の中で様々な認識があったのですがその時のお話を少ししたいと思います。

セル結合の何がいけないのでしょうか。上記に書いたような機能的な部分はExcelとしての根幹を揺るがすものなので絶対的に守らなければいけない部分です。

セル結合が100%いけないと思っていた時に私は何がいけないと思っていたかと言うと、セル結合する人のセル結合する操作をするような発想がいけないと思っていました。セル結合をしたいと思う気持ち自体がExcelの使い方に合っていないと思っていたのです。

でも今振り返ってよく考えてみると、セル結合してExcel方眼紙を使ってうまくレイアウトして 何かを作ろうとするということ自体、実はかなりExcelテクニックを持っているのではないかなと思います。

結局Excelは何もしなければ、何も役に立ちません。計算式や機能を生かして初めて存在価値があるものなのです。Excelを使う上で創意工夫するというのは絶対必要で、綺麗に作りたいという気持ちから、セル結合機能に至ったのであれば、それは結果的には間違ったものを作っていたのかもしれませんが、プロセス自体は実は尊いものなのではないかなと思います。

セル結合してExcel方眼紙を作って綺麗なレイアウトの表を作っている人は、そのできたものが間違いというだけで、あともうちょっとで初心者よりも上の段階に行ける人たちなのではないかなと思います。

Excelをバリバリ使っている人で、並べ替えするにもかかわらずセル結合を使っている人は罪深いとは思いますが、おそらくExcel方眼紙が、セル結合が便利だと思っている層のほとんどは初心者だと思うので、その人たちの考え方を否定することだけはしたくないなぁと思いました。

サトウヨシヒロ

Excelを中心としたMicrosoft Officeの魔法使い。
仙台市在住のフリーランスのパソコンインストラクターです。
1969年1月生まれ。
Excelを黎明期から30年近く使っています。Wordも使えます。
出版社様と一緒にExcelの情報発信もしています。
最近は羊に夢中です。
2020年は令和時代のExcelの使い方と教え方を勉強しています。

Twitterでも業務で使える便利なOffice技をめっちゃつぶやくツイッタラーです。@yosatonet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。