Excelでテキストボックスはやってはいけないの?

こちらの記事では、テキストボックスの使用例をWordの例で紹介しています。
まとめ文の中でExcelでは極力使わないように、と書きました。
しかし、本当に使ってはいけないでしょうか。
こんなケースなら使っていいかなという例を紹介します。

Excelのテキストボックスの裏技

Excelのテキストボックスには面白い裏技が存在します。

まず、テキストボックスを用意します。

テキストボックスが選択された状態で、数式バーに次の計算式を入力します。

=A1

この状態でセルA1に任意の文字を入力すると、その文字がテキストボックスに入ります。


テキストボックスがセルの値とリンクするということ、これがテキストボックスの裏技、その1です。
さらにこの表示された文字を、テキストボックス内でダブルクリックし、さらに任意の文字をテキストボックスに入力します。

この状態でセルA1の値を変更すると、追加された文字はそのままでセルA1の部分だったところだけが変更になります。

これが裏技その2です。
計算式でこれを行うためには、=A1&”様”のような数式をどこかに入れ込む必要があるのですが、この方法であれば計算式にする必要がないのです。
ということは、このように一部の文字だけ色を変えても。

で、セルA1の文字を変えると。

というように、セルA1以外のところは書式も含めて変わらないことがわかります。
テキストボックス内の文字を選択するには、ドラッグで範囲選択できないので、テキストボックスの変えたい文字列の左をダブルクリックし、そこからShiftキーを押したまま右カーソルキーを押し、範囲選択します。

ということで利用例

このような表示を。

こうできます。

しかも配置は自由です。
ただし表示形式が指定できないので、セルA1の時点で書式設定を含んだ文字列に変換しておく必要があります。TEXT関数を使うとよいでしょう。
セルA1に次のTEXT関数を入力します。

=TEXT(A2,”#,##0″)

さらにセルA2に100000と入力すれば、セルA1が全角数字のカンマ付き表示になります。
そしてテキストボックスの中の数値も金100,000円という表示になります。
テキストボックスが小さいので、横幅を広げます。

請求書で使おう!

次のような請求書があります。

セルB2に次の計算式を入れておきます。

=TEXT(C12,”\#,##0-“)

そして、テキストボックスを挿入し、数式バーに=B2という計算式にします。

そしてこのような書式と文字を設定します。

データを消せば0円になります。

こういう使い方ならExcelでも有効な使い方ですし、むしろメリットがありますね。Excelでセル内の計算式内で色を変えることはできませんが、テキストボックスならできるのです。

サトウヨシヒロ

Excelを中心としたMicrosoft Officeの魔法使い。
仙台市在住のフリーランスのパソコンインストラクターです。
1969年1月生まれ。
Excelを黎明期から30年近く使っています。Wordも使えます。
出版社様と一緒にExcelの情報発信もしています。
最近は羊に夢中です。
2019年はRPAと業務効率化を勉強しています。

Twitterでも業務で使える便利なOffice技をめっちゃつぶやくツイッタラーです。@yosatonet

2件のコメント

  1. It works quite well for me

  2. Thanks to the excellent guide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。